“mezzotint



夢の中で夢を見ている夢を見ていた。私は夢の中で私ではなかったが
その夢の中の私もまた、夢の中で自分でなくなりながら、さらに夢を見ていた。

交互に夢と現実を行き来して、その度に夢が重なっていき、やがて全てが夢に浸された。

寄る辺なき精神だけが狭間を漂い、体を離れ言葉に辿りついた。

ねむりごたちに幸いあれ。