“mezzotint



あの時代、多くの人間が「街」を捨て、荒野へと落ち延びた。
しかし中にはもっと勢いづいて、星ごと見切りをつけた連中もいた。
彼らは国境を越えて団結し、船を造り上げた。

ついに星の海原へと漕ぎ出さんとする時、彼らは街を振り返りはしなかった。
街に残った者たちも、彼らを見送りはしなかった。

旅立った彼らがどうなったのか誰も知らないが、残された彼らがどうなったかは、皆の知るところだ。