“mezzotint




時計が針を刻むたびに
雷が彼らを苛む

怯えた目をした工場長は言った
時を数えられない彼らには
こうするしか無いのだと

彼らは身体に雷を溜め込んでいく
夜が悪意を囁いて
彼らはイオンの吐息を漏らす

彼らが哀れでしかたなかったが
私は工場長のオフィスを後にした

私も、工場長も、分かっているのだ
明日は我が身なのだ