“mezzotint



昼も夜も無く、平らで希薄な世界だけとなった
人の気配を感じたような気がしたが
それも急速に遠ざかっていっている