“mezzotint



誰も彼もが辛気臭い顔をして
それぞれの思い出に浸っているのだろう
その中に私はいないというのに