“mezzotint



彼は樹や波のように立っている
いつだったか抱きしめた時は
恥ずかしそうに、ほんの少しだけ
身じろぎをしてくれた